246: 日曜8時の名無しさん 2020/03/29(日) 23:11:31.58 ID:5C89h+bo
しかし、滋賀の山奥に逃げ込むような無力な将軍の仲裁でも

それでもそんなに重みあったのか?w

261: 日曜8時の名無しさん 2020/03/29(日) 23:14:59.58 ID:1Xwy1mLL
>>246
そもそも戦国時代は別に誰も天下を争ってなかったからね
いわゆる「落とし所」として将軍の権威が役に立った
「このへんで兵を退いとかないと日本中が敵になっちゃうしね・・」って感じ

282: 日曜8時の名無しさん 2020/03/29(日) 23:20:29.24 ID:H5HkRk+7
>>261
今川は足利の一門衆みたいなものだから言うことをきくんだと思ってた
義輝も両者なら的なことを言ってたし

284: 日曜8時の名無しさん 2020/03/29(日) 23:22:35.02 ID:uqmUb/zy
>>282
尾張も守護は斯波氏だから足利の命が届く相手だと踏んだのかな?

299: 日曜8時の名無しさん 2020/03/29(日) 23:26:56.92 ID:H5HkRk+7
>>284
よく考えるとそこは謎だよな
仲裁依頼は土岐のはずだし

308: 日曜8時の名無しさん 2020/03/29(日) 23:30:44.16 ID:lda/AD/d
>>282
解説本などによると、あんな世の中でも足利将軍は実力は無くとも権威はあって、足利義輝もその弟で、
光秀や信長にも大いにかかわってくる足利義昭も、けっこう大名同士の争いの仲裁をしてるみたいだよ
信長にしても、何度も泥沼化した争いの仲裁を、足利義昭にしてもらってる
問題は、せっかく仲裁してもらっても、どいつもこいつも、すぐまた争いを始めてしまうこと

317: 日曜8時の名無しさん 2020/03/29(日) 23:35:04.69 ID:H5HkRk+7
>>308
なるほど、勉強になったよ

297: 日曜8時の名無しさん 2020/03/29(日) 23:26:36.96 ID:ZRTPnqgv
>>261
それがあるからこそ、ある一定のルールがあるのが、日本の戦国時代の特徴よな

306: 日曜8時の名無しさん 2020/03/29(日) 23:30:12.34 ID:L0aCQ4rm
>>261
そもそも天下布武というときの天下は畿内周辺のことで
日本全国というような意味ではないというようなことが最近言われてるな

311: 日曜8時の名無しさん 2020/03/29(日) 23:32:04.85 ID:MsK4Urny
>>306
三好も天下人であり、信長はそのやり方を真似しただけって説もあるね

309: 日曜8時の名無しさん 2020/03/29(日) 23:31:02.13 ID:YfRTOMV0
>>261
なるほど。後々の信長包囲網も将軍家の家督争いや権力争いによるもの。腐っても鯛。幕府の権威というのはまだまだ残っていたのだな。

318: 日曜8時の名無しさん 2020/03/29(日) 23:35:16.09 ID:ZRTPnqgv
>>309
権威が残っている残っていないではなく、"権威というものを戦国大名が利用していた"が正解で戦国大名としても都合が良く持ちつ持たれつな所がある

引用 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/nhkdrama/1585477617/